超10ストア!

伝統工芸士/現代の名工「菓子木型職人」

市原 吉博さん 1946年3月19日生まれ

市原さんは、菓子木型職人です。菓子木型というのは、和菓子を成型する際に用いる木型のこと。干菓子をはじめ焼き饅頭や練り物などほとんどの菓子にそれは使われているのです。和菓子の裏方を支える仕事なので、あまり広く知られていないかもしれませんね。しかし、美しい和菓子は、菓子木型職人がデザインを描き、木を彫ることで出来上がった菓子木型をもとに生まれるのです。その歴史は江戸時代に始まり、現在では全国に5人もいないと言われています。そのお一人であり、四国では唯一の菓子木型職人が、市原吉博さんです。

市原さんストーリーへ

誰もが手軽に楽しめる菓子木型「和三盆キット」

和三盆キット

「和三盆キット」

通常は、和菓子メーカーなどとのお取引が多い市原さんが、今回は誰もが手軽に楽しめる菓子木型を考案してくれました。それが、「和三盆キット」です。

木型/和三盆/ヘラ/レシピ
(レシピのみ、写真と変更の可能性あり)

¥16,000

(消費税込み・配送手数料別)

購入方法について

photo

ここで作っています。

有限会社 市原 香川県高松市花園町1-7-30
菓子木型ホームページ (「菓子木型の世界」で検索)

注意事項

※振込後に商品を発送いたします。